「人を呪わば穴二つ」という事実の裏にある真実

人が利己主義を中々越えられない理由ーそれは「我即肉体」の自己像に支配されているからです。こころは気のエネルギーのように、形なく境がないという事実の自覚を得ると、「一つの心と命即我」に目覚めることが出来、一々求めなくても幸運が自ずから、すなわち自然からやってくるようです。親鸞聖人はこれを「弥陀の本願力」と名づけました。

「すべては上手(うま)くいっている」という善一元の悟り とは

善いことと悪いこととが交互にやってくる「禍福(かふく)はあざなえる縄のごとし」という格言がありますが、これを歩一歩進め、「起こることは全て必要・必然・ベスト」だと考えることが人生のより深い真実だとわかると、この世が実は「善一元の世界」であった、とよく分かるようになります。これはとても大きな喜びです。

スポンサーリンク