驚きの「願いをかなえる」意外な条件、その無料公開ーその1

スポンサーリンク

売り込みではありません

こうゆうタイトルにすると、次の回かあるいは最後に高値の有料商品のセールスがお決まりのプロダクトローンチという販売の手口だと思うでしょうが、そんなネットビジネスはやりの売り込みなど一切しませんから、まずはご安心ください。

例の「返報性(小さな貸しで大きな見返りを得ようとする販売の手口)」を狙ったものではありません。

この「驚きの願いをかなえる第一の条件の無料公開」に続いて「驚きの願いをかなえる第二の条件の無料公開」で終結しますが、そこでも最後まで売り込みはありませんから、念のため。

それでいて効果抜群の「願いをかなえる驚きの第一と第二の方法」を公開します。

スポンサーリンク

原田隆史さんの「達成する人の法則」(ダイレクト出版)という本

その第一の方法とは、原田隆史さんの「達成する人の法則」(ダイレクト出版)という本で見つけた方法です。

原田隆史先生という方は大阪にある、問題を多く抱えていた中学校の陸上部を7年間で13回日本一にしたカリスマ教師です。

この人のメソッドは、「ガイアの夜明け」や「カンブリア宮殿」などメディアでも話題になりユニクロ、ワタミなど有名企業を含む420社以上で採用されているそうです。

そして、国内だけにとどまらずアメリカ、中国シンガポールと世界24カ国で
採用されているようです。

ダイレクト出版

この本は大リーガーの大谷翔平も実践し、ユニクロの柳井社長もこれは「成功するための教科書」でありまた「社員のやる気を引き出す技術」だとも言っています。

だから、原田先生曰く
「成功は技術」なので、この技術を身につけないまま成功してしまうと、長続きしないといいます。

スポンサーリンク

幸せははたして収入に比例するか?

2010年
アメリカで興味深い研究結果が出ました。

発表者は、米プリンストン大学のダニエル・カーネマン教授。

ノーベル経済学賞も受賞した心理学者です。

彼が見つけたのは「収入が高くても幸せにはなれない」ということでした。

研究結果によると年収7万5000ドル前後(600万円)までは収入が増えるとそれに合わせて
幸せな気持ち、満足度が高まります。

ところが、それ以上はどれだけお金が増えても幸せ度は上がらないというのです。

”お金があれば幸せ”というのは、ある一定の収入以上は関係がないというのですよ。

もし、あなたが
・仕事もうまくいき、お金の心配もないが、何か物足りない。
・モチベーションが上がらず、毎日充実感を感じていない。
・がむしゃらに頑張っていたときが楽しかったと感じているのであれば
このことが関係しているのかもしれません。

実は、いつも成功している5%の人にはある秘訣があるというのです。

スポンサーリンク

原田先生の実績

1996年4月。
中学の教師である原田隆史先生は、教師生活最後となる大阪市内の公立中学に赴任しました。

赴任した当時、この学校は、数多くの問題を抱えていました。

暴力、タバコ、いじめ、理不尽な上下関係などが蔓延していました。

学校に隣接する公園には、ホームレスの方々のテントが並び、戦前から続く歓楽街も校区の中。

さらには大阪市でも有数の繁華街も近く、カラオケボックスやゲームセンターにも多くの生徒が常時出入りしている。

平気で遅刻をする、忘れ物を繰り返す。

教師が目を離すと暴力事件が発生する。

そんな環境の中で子どもたちは本来持っているはずの「自信」や「誇り」や「夢」を
一切持つことができない状態だったのです。

しかし、原田先生はこんな状態の中で陸上部の顧問となり、赴任からわずか3年で”ふつう”の生徒が日本一になる学校に変えてしまったのです。

それも13回もです。

なぜ原田先生は、素質や才能が特別に秀でているわけでもない、“ふつう”の子どもたちを
日本一に育てることが出来たのでしょうか?

答えは簡単。

その達成の秘訣には、ある考え方と技術があったのです。

その達成の秘訣の考え方とは何か。

これはぜひ知りたいですよね。

コマーシャルみたいに、いいとこで切るなよ、と言われそうですが、すぐ次回を書きますから

少々お待ちください。

つづく。

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク