モーゼに現れた神の正体とは-「I am that I am(私は在りて在るもの)」1

スポンサーリンク

モーゼに出現した神の正体とは?

今回のタイトルの「I am that I am(私は在りてあるもの)」という言葉をご存知ですか?

改めて説明させていただきますと、この文言は、旧約聖書:出エジプト記3章14節、4章10~12節にあります。

少し分かりづらいところがある翻訳ですが、おおむね分かるかと思います。

「神はモーゼに、<I am that I am(私は在りてあるもの)>だ」と言われ、また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。

『わたしはある』という方がわたしをあなたたちに遣(つか)わされたのだと。」

それでもなお、モーゼは主に言った。

「ああ、主よ。わたしはもともと弁が立つ方ではありません。

あなたが僕(しもべ)にお言葉をかけてくださった今でもやはりそうです。

全くわたしは口が重く、舌の重い者なのです。」

主は彼に言われた。

「一体、誰が人間に口を与えたのか。

一体、誰が口を利けないようにし、耳を聞こえないようにし、目を見えるようにし、また見えなくするのか。主なるわたしではないか。さあ、行くがよい。

このわたしがあなたの口と共にあって、あなたが語るべきことを教えよう。」

実は、この場面は、ハリウッド映画「十戒(じゅっかい)」というセシル・B・デミル製作・監督、モーゼ役のチャールトン・ヘストン主演、ユル・ブリンナー、アン・バクスターなどの出る1956年製作の超大作映画で、世界的にも大ヒットした作品に出てくる一シーンです。

出典:映画「十戒」

映画では、モーゼが、何十万のユダヤの奴隷の民を残虐なエジプト王から脱出させるに当たって、神に祈るためシナイ山という聖なる山に登るシーンです。

とある所まで昇ると、前方に怪しく黄金に光り輝く柴が燃えるようにゆらいでいます。

そこで、「あなたはどなたですか?」とモーゼが、恐る恐る尋ねると、

やがて、モーゼの心に「恐れるなかれ!私はお前たちの先祖の神、アブラハムの神である」という声が聞こえます。                   モーゼに現れた燃える柴の中の神

「わたしのようなものに、ユダヤの民をあの暴虐なエジプト王から解放などできますでしょうか?」と尋ねます。

そして「あなたは神だと言われるが、あなたは、そもそもどういうお方なのですか?」とモーゼは根源的な問いを神に投げかけます。

すると、神は次のように答えるのです。

「I am that I am(私は在りてあるもの)というものである、全知にして全能の神である」

私は、この神というもののこの箇所の聖書の定義について、インターネットで検索してみましたが、私の検索が不十分だったせいかもしれませんが、知りえた限りでは、腑に落ちる解説には、一つとして、とうとう出会うことができませんでした。

スポンサーリンク

それはまた万物の正体であり人の正体であった

そこで、私なりに合点がいった神の定義、I am that I am(私は在りてあるもの)について話してみます。

これは「神とは何か?」「神はどういう在り方で存在しているのか」ということを言い表した最も適切で最高の表現である、と私は思います。

結論から申し上げます。

まず第一には、

1、この表現は全知にして全能である宇宙の創造者を一言で表現するのに最も適切なフレーズだということです。

次に、

2、同時にこの表現は、万物という存在自体、その存在の在り方を、特に人間という存在の在り方を、やはり一言で表現するのに最も適切なフレーズだということです。

人間もまた、あなたも私も、「I am that I am(私は在りてあるもの)」という存在の構造をしている、ということなのです。

だから、どんな人でも、神の子と言われるのです。

この表現は、わが日本古代神道の”一霊四魂”説を言い表したものでもあるという新説を主張するものでもあります。

まあ、私がこのことを大きな驚きをもって発見できたきっかけは、既にこれまでこのブログで何度か触れてきました「自観法」によってでした。

そして、このことは、万物はすでに神を宿して生まれているということ(現に”神は万物に宿っている”とは古来からのわが国の言い伝えです)でもあり、ことに人間においても、たとえ今,

どんなに悲惨な人生であったとしても、”既に神人一体”の状態にある、ということでもあるのです。

もしそうであったとしたら、すばらしくないですか?

今回はここまでにします。

詳しくは次回、またこのブログでお会いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. JosephQuaxy より:

    hxze tl tracking